山口絵里子

裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)

山口 絵理子 / 講談社



マザーハウスという存在は、後輩から情報を聞いていたものの「社会起業家」というインプットで完結してました。
が、彼女の「ただただ良いものを作りたかった」という1つの哲学。
夢と現実と持続可能性を想う1冊でした!

元気になります!
やはり、「消費するだけの人生なんてつまらないなぁ・・・」日々熱くなってきまーす。
いつでも出発できる準備をすること、今の私にできること

はしりがき以上
[PR]
by luca196 | 2009-11-05 23:53 | life
<< 雨宮塔子 ブロークンイングリッシュ >>